FC2ブログ

プロフィール

のゎ

Author:のゎ
毎月一回の定期更新を目指していますが。忙しい時は文章のみがザラです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


10月号【シロツメクサ】


更新情報:ルーツ3話公開(26P)

管理人:三葉虫
サイト:シロツメクサ
URL:http://mumi.karou.jp/
 
 
 
【新進気鋭】惑星渡航系漫画サイト【超王道】
 
 
 
漫画ルーツの構成は1話が導入部で、その後の各話ごとに違う惑星での話が展開される。
 
話の展開は王道的で読みやすい。とても分かりやすいが、オチがみえすいているわけでもない。
 
サクサクと小気味良いテンポで読み進められるのでオススメです。

スポンサーサイト

のゎ | trackback(0) | comment(1) |

2010/10/25


<<10月号【G!】 | TOP | 9月号【Metor Trio】>>

comment











管理人のみ閲覧OK


【欄外】シロツメクサ【紹介】 

 
彼女の漫画には色が無い。 
 
漫画、ルーツに登場するキャラクター達には強くデフォルメがかかっていて、瞳に至っても殆ど描き込みがなされていない。
それはもう記号と言っても良いだろう。
色の塗りわけもされていないほぼ線画の状態である。
背景も同様に、一本や二本の線で世界の説明がなされる。
 
 
 
物語はとても浅い所で次に進んでしまう。
 
 
 
ルーツの主人公達は物語に登場するキャラクターと、どこか距離をとっている。
巻き込まれたら対応はするが、それぞれの物語に深く介入していくことはない。
ルーツ第三話ではスリの二人組が登場する。
彼等がスリをする理由について、作中で説明がされるがそれもたったの1P程。
作中では彼等に倫理観や道徳観をときはしないし、彼等に同情すらしない。
 
話が膨らみそうな設定をさらっと流し、そんなことなんて無かったかのように物語が進んでいくのだ。
 
因習も歴史も深い確執もねちねちと扱わずにさらっと流す。
物語は端的に描かれ、設定は語られてもずるずるとひきずられずさらっと流される。
 
ルーツには極端に色が無い。見た目にしても、物語にしても。
深い所まで掘り下げていかない。
 
 
 
ルーツを読み終わった後、物語は深みを増す。
 
 
 
ルーツという漫画に色が与えられるのは、全てを読んだ後なのかもしれない。
語られないままの設定や、深く掘り下げられず、ほとんど説明もされなかったキャラクター達が読了後の心の中で一斉に動き出す。
その後の展開から、登場したキャラクターの過去や心情の想像。
広がる妄想。
 
物語やキャラクターがとてもタンパクに描かれるからこそ、そこに様々な広がりが生まれる。
 
 
 
その瞬間ルーツの世界は、色鮮やかになるのだ。
 
 
ポータル10月号(秋)欄外紹介

2010/10/25 21:37 | のゎ [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://rienu.blog109.fc2.com/tb.php/204-39459472

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。